NTTデータは、レジの支払いを行わずに、決済手段を指定したQRコードで認証入店することで、手に取った商品をそのまま持ち帰ることのできるレジ無しデジタル店舗出店サービスを、小売業界向けに9月2日から提供する。

レジのないデジタル実験店舗

 カメラや重量センサーからのデータ解析を得意とする中国のCloudPick社と業務提携し、レジ無しデジタル店舗のビジネス化に向けて、3段階のサービスを提供する。まずはNTTデータが都内に設置した実験店舗で体験をしながら課題の洗い出しとビジネスプランの仮説を顧客と共同で作成。

 第二ステップでは、顧客が実際にレジ無しデジタル店舗を出店し、NTTデータと一緒に仮説検証を行う。最後に多店舗展開するために企画・設計のコンサルティングやシステム面のサポートをすることで、事業のコアとするIT支援とともに、レジ無しデジタル店舗のビジネス拡大までを顧客に寄り添い長期的にビジネスを育てていく。
 

 レジ無し店舗を実現することでレジ業務がなくなり、店舗運営の人件費削減、従業員確保や長時間労働といった小売業界の課題を解決できる。さらに、レジ待ち時間を解消することで、消費者の購買機会の増加や収益の最大化などに期待が寄せられる。

 NTTデータは2022年度末までに小売業界1000店舗へ導入することを目指す。