ニュース

九州電力、測量メニューを追加したドローンサービス、九州全域に拡大

2019/09/20 12:00

 九州電力は、九州の一部エリア限定で提供しているドローンを活用した空撮や撮影データの加工を行う「九電ドローンサービス」を、10月1日から九州全域に拡大する。


 7月1日から福岡県の一部、大分県、熊本県で展開しているが、顧客からのニーズがあり、サービス対象エリアを拡大。さらにドローンを活用した測量メニューを追加する。測量メニューでは、ドローンに最先端のレーザースキャナを搭載し、農地や森林などの土地を空から計測することで、測量にかかる時間を短縮し、コストを低減する。
 
九電ドローンサービスのパンフレット

 このほか、従来からのサービスとして、ドローンを使った4Kの動画/静止画の撮影、表面温度の可視化を実現するサーモグラフィ撮影、超高解像度カメラによる12K画質の静止画撮影などがある。データ加工サービスとして動画作成、3D画像作成、オルソ画像作成などを用意している。料金は税別15万円から。9月20日から受け付けを開始する。
  • 1

関連記事

ドコモ、5Gのプレサービスを開始、VR/ARを使った遠隔操作の実証実験を開始

イデオモータロボティクス、最大積載量15.9kgの産業用大型ドローン

センシンロボティクスなど、高層マンションの外壁点検・調査にドローンを活用

KDDIなど、日本初のシングルローター型ドローンを使った長距離物流実証実験

日立システムズ、JICAの道路アセットマネジメント特別プログラムに参加

外部リンク

九州電力=https://www.kyuden.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>