ドローン事業を手掛けるセンシンロボティクス(北村卓也社長)は、ベイシス(吉村公孝社長)とドローン点検サービスの分野で業務提携した。これにより、ベイシスが行う外壁点検・劣化診断にセンシンロボティクスが提供するドローン自動航行プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」を導入し、ドローンの自律航行による点検を行う。

ドローンの機体

 外壁点検にドローンを活用することで、ゴンドラや足場を架設しなければ確認出来ない箇所でもタイル1枚1枚の剥落を見逃さずに検出できる。ドローンに赤外線カメラを搭載することで、目視では発見が困難だった不具合も確認できるようになる。
 
可視光カメラによる撮影(左)と赤外線カメラによる撮影(右)

 「SENSYN FLIGHT CORE」を利用することで、ドローンの自動航行が可能になり、さらに可視光・赤外線カメラを使った自動画像解析、点検結果レポートの自動作成も行うことができる。自動航行により、作業者の見落とし、ミスの低減、点検の負担軽減が実現できる。外壁点検のほか、鉄塔や送電線などの点検業務も実施できる。

 このほか、2社で離発着・充電を全自動運用で行うドローンポート「SENSYN DRONE HUB」の設置・保守を含めた共同提供も行っていく。