ecbeing(林雅也社長)は9月26日、「ecbeing」のアプリオプション「OMOアプリ+」を発表した。また、OMOアプリ+の第1弾として、ミサワ(三澤太代表取締役)が運営する「unico公式アプリ」に採用され、リリースした。

unico公式アプリ

 OMOアプリ+は、ecbeingのスマホアプリを構築するオプションとして、ecbeing導入ユーザーに対して提供するもの。アプリのカスタマイズができる点が特徴で、ecbeingの管理画面からアプリの設定も可能となり、ecbeingがもつ高機能・高品質の強みを担保しつつ、顧客体験の向上を実現できるオプション機能となっている。

 また、ecbeingがもつ豊富な顧客のセグメント機能やキャンペーン機能もそのままアプリのPUSH通知などに活用できるため、よりアプリの活用シーンを増やすことが可能となる。
 
会員証バーコード表示

 今回採用されたunicoのアプリでは、アプリとしてのUI・UXを体感してもらうために、ウェブビューでもヘッダーをアプリライクにするなど工夫を行っている。また、会員証の表示もただのバーコード表示だけでなく、カードらしさを演出し、ユーザーの満足度の向上を図っている。
 
ポップアップお知らせ表示

 OMOアプリ+の今後の新機能の実装予定としては、コーディネート機能、店舗商品バーコード読み込みお気に入り登録、自動シナリオPUSH配信(30日アプリ起動していないユーザーなど)を随時リリースする予定。