ネットワールド(森田晶一社長)は、マルチクラウド管理ツール「CloudHealth by VMware」に関して、VMwareとManaged Service Provider(MSP)契約を取り交わし、10月1日から、ネットワールドのパートナー経由で「VCPP MSP CloudHealth(CloudHealth)」の提供を開始した。また、パートナー向けに、CloudHealthのPoC支援サービス、導入支援サービス、ヘルプデスクサービスなどの技術支援を提供する。


 CloudHealthは、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure(Azure)、Google Cloud Platform(GCP)など複数のクラウドを使用するマルチクラウド環境を統合的に管理して優れた可視性で「利用コスト」や「セキュリティポリシー」を最適化するSaaS型のサービス。VMwareのパートナープログラム「VMware Cloud Provider Program(VCPP)」でVMwareとMSP契約を取り交わしたパートナーのみが提供可能となるが、独自の「サービス規約」や「サポート提供」といった契約要件がハードルとなっていた。
 

 今回、ネットワールドがCloudHealthのMSP契約を取り交わすことで、パートナー自身がMSP契約することなく、ネットワールドのCloudHealthとサポート体制を活用したサービスをエンドユーザーに提供することが可能となる。

 また、ネットワールドは、CloudHealthのMSPのノウハウをパートナー各社と共有することで、パートナー自身がMSPになるための継続的な支援を提供する。「CloudHealth by VMware PoC支援サービス」では、CloudHealthを効果的に評価するためのシナリオとPoCのスコープを定義し、初期セットアップや操作のレクチャー、期間中のQA対応、終了後のレビューを実施。CloudHealthの効果的なPoCをサポートする。

 「CloudHealth by VMware 導入支援サービス」では、顧客のシステムをスムーズに構築するため、CloudHealthを熟知したスタッフによるコンサルティングサービス、技術者によるシステム導入支援を有償サービスとして提供する。

 「CloudHealth ネットワールドヘルプデスクサービス」では、CloudHealthのサポート窓口として、ネットワールドのウェブポータル「TEC-World」を通したインシデント制のヘルプデスクサポートを提供する。

 なお、10月24日にはヴイエムウェアとの共同で、CloudHealthをはじめとするVMwareが提供する最新のクラウドソリューションに関するセミナー「VMware クラウドビジネスキックオフ」を開催し、クラウドサービスの市場活性化を推進していく。