Zerto Japanは10月2日、ITレジリエンス(回復力)製品の新バージョン「Zerto 7.5」の提供を開始したと発表した。

 新バージョンでは、パートナー製品との連携を深め、セキュリティとクラウドの新機能と高度なアナリティクスを搭載し、顧客のクラウドへの移行とセキュリティリスクの軽減を支援する。

 具体的には、Microsoft Azureとの連携を強化し、Azure Managed Disks、スケールセット、Azure VMware Solution(AVS)に対するサポートを含むMicrosoft Azureに関する拡張機能を提供する。また、HPE StoreOnce Catalystと完全連携し、ソースサイドの重複排除によりストレージとネットワークリソースのさらなる有効活用を促進する。

 このほか、VMware vSphere APIs for I/O Filtering(VAIO)のサポート、ディザスタリカバリーと長期間のデータ保持に関するレポーティング、プランニング、カスタマイゼーションに役立つ高度なアナリティクス機能などを提供する。