NTTデータイントラマート(中山義人社長)は10月18日、主に営業担当者などがかかわる顧客接点業務(顧客との接点となるサービス・業務)を変革し、営業日報など活用できていなかった情報から営業活動全般を効率的にサポートする営業支援(SFA)/顧客管理(CRM)ソリューション「intra-mart DPS for Sales」を10月にリリースすると発表した。

「intra-mart DPS for Sales」の図

 intra-mart DPS for Salesは、顧客接点領域からバックオフィス業務につながる全ての業務プロセスをデジタル化・自動化し、属人化の解消や業務効率・顧客エンゲージメントを向上させる総合ソリューション「Digital Process Solutions(DPS)」のラインアップの一つとして提供するもの。

 顧客情報を一括管理し、一度の入力で複数システムに連携できるシングルインプットと、PCとモバイルそれぞれに最適化された情報を引き出せるマルチアウトプットを可能にし、手軽さ・使いやすさにこだわったSFA・CRMソリューション。「直感的な操作性」と「ほしい情報にすぐにたどり着く」を実現することで、利用シーンにあわせて最適な利用が可能。さらに、柔軟な外部連携機能や業務ノウハウを蓄積するワークブック機能など、従来のSFA・CRMツールにはない豊富な機能を取り揃え、適切な営業活動を支援する。
 
日報作成作業を効率化

 また、intra-mart DPS for Salesは、ファーストユーザーとしてintra-martの販売パートナーであるフォーカスシステムズ(森啓一社長)での採用が決定している。ワークフローやBPMに加え、基幹システム領域にも強みをもつフォーカスシステムズでは、intra-mart DPS for Salesを自社の営業力強化に活用すると同時に、そこで得た活用ノウハウと独自の強みを掛け合わせ、イントラマートと協力してintra-mart DPS for Salesの拡販を進めていく計画。

 イントラマートでは、フォーカスシステムズに加え、多くのイントラマートパートナー企業と協業し、intra-mart DPS for Salesの採用社数について今後3年間で100社の獲得を目指す。