ドローンの運航管理システムの開発プロジェクトを推進している新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システムの実現に取り組んでいる。今回、福島県南相馬市の「福島ロボットテストフィールド」で相互接続試験を実施し、1時間1平方kmに100フライト以上のドローンの飛行試験に成功した。

相互接続試験の様子

 NEDOは、日本電気、NTTデータ、日立製作所、ゼンリン、日本気象協会、宇宙航空研究開発機構とともに同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システムの構築に取り組んできた。今回、福島県、南相馬市、福島イノベーション・コースト構想推進機構の協力のもと、10月23日から24日まで「福島ロボットテストフィールド」で試験を実施。NEDOプロジェクト参画の17事業者に加え、プロジェクトに参画していない一般のドローン事業者12社が参画。ドローン事業者だけで29社が試験に加わった。
 
飛行経路図(左:福島ロボットテストフィールドエリア、右:海岸エリア)

 具体的には、福島ロボットテストフィールドの総合管制室に複数のドローン事業者が情報共有するための運航管理統合機能のサーバーを設置。運航管理システムのAPIやAPI接続支援サービスを利用して、ドローン運航管理システムを相互接続を行った。その上で、1平方kmのフィールドに1時間で100フライト以上のドローンを飛ばした。

 今後、NEDO、NEC、NTTデータ、日立製作所、ゼンリン、日本気象協会は、2020年2月まで、運航管理システムを運用し、一般のドローン事業者も含めた運航管理システムの機能検証を継続して実施していく。