ユーオス・グループ(UOS)関東支部(山中進・支部長)は、「POWER UP ソリューションフェア 2019」を11月15日に東京・秋葉原のUDX GALLERY/NEXTで開催する。出展企業による24種類のセッション、展示51ブースをそろえる。来場者数は700人程度を見込む。

前回の展示会場では出展各社がさまざまなソリューションを紹介し、
来場客の関心を引き付けた(写真提供:UOS関東支部)

 POWER UP ソリューションフェアは、IBM製品のビジネスに携わる企業からなる団体であるUOSの会員企業やIBMが最新ソリューションを紹介する年次イベント。「IBM i」などIBM関連のソリューションだけでなく、「AIやRPAなど、IT業界の最新のキーワードに関連する展示も増えている。また、AIでも画像処理や音声のテキスト化などいろいろなバリエーションがある」とUOS関東支部理事の白石昌弘氏は今年のポイントを説明する。

 セッションでは、特別講演に心理学者/臨床心理士の植木理恵氏が「部下のやる気を引き出す方法~モチベーションマネジメント~」と題して登壇。基調講演では、日本IBMの間々田隆介・コグニティヴ・システム事業開発AI推進部長が「AIにスピードと簡単さを!~自社でできるAI開発環境最前線~」をテーマに講演する。

 UOS関東支部幹事の石田正行氏は、「UOS会員企業のソリューションが一堂に会するのが見どころだ」と来場を呼び掛ける。

 イベントの入場は無料。事前登録制で、申し込みは専用サイトから、11月14日まで。


開催概要
■ 日時
2019年11月15日(金)
展示 10:30~18:00(10:30開場)
セッション 11:30~17:30

■ 場所
UDX GALLERY/NEXT
(秋葉原UDX 4F)
JR秋葉原駅から徒歩2分

■ 主催
ユーオス・グループ関東支部

■ 特別協力
日本IBM

■ 協賛
関東IBMユーザー研究会、
関東・北信越地区愛徳会、
ビジネス・アライアンス・コンソーシアム

■ イベント詳細
http://www.uos.jp/kantou2019/