住友商事のグループ企業であるSCSK(谷原徹社長)とティーガイア(金治伸隆社長)は11月21日、ネットスターズ(李剛社長)に出資し、資本提携したと発表した。

 今回の提携により、ネットスターズが展開中のマルチQRコード決済サービス「StarPay(スターペイ)」を日本国内だけなく、アジアを中心とした海外でも3社で協業し、広く普及・展開していく。また、StarPayに続く新たなソリューションをSCSKとネットスターズで企画・開発し、国内と海外での営業についても3社協業で展開していく。