SCSK(谷原徹社長)は、米Sysdig(Suresh Vasudevan CEO)とコンテナ管理オープンソースソフトウェア「Kubernetes(クーべネティス)」環境向けセキュリティ・モニタリングプラットフォーム「Sysdig Platform(シスディグ プラットフォーム)」の国内総販売代理店契約を取り交わし、11月11日に提供を開始した。


 Sysdig Platformは、OSのシステムコールを可視化する特許技術をベースに、Dockerなど各コンテナ内部のアプリケーションやミドルウェア、Kubernetesのリソース状況や健全性、コンテナ間通信を完全にモニタリングし、視覚化する。また、コンテナに潜む脆弱性の発見や、不正アクセスなど異常検知時のコンテナ制御のほか、Kubernetes上でのコマンド履歴を全て記録することが可能なことから、サイバーセキュリティのフルフォレンジックを実現する。

 主な機能として、モニタリング機能「Sysdig Monitor」とセキュリティ機能「Sysdig Secure」を搭載。Sysdig Monitorは、ブラックボックス化したKubernetes環境の詳細なモニタリングと、迅速なトラブルシューティングを可能にする。Sysdig Secureは、コンテナを使った開発環境から実行環境に至るまで、包括的なセキュリティを提供する。