AGC(島村琢哉社長)は、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の本格展開を20年1月に開始する。20年末までに、年間1万時間以上の業務時間削減を目指す。

 AGCでは、デジタル技術を活用しビジネスプロセスの変革を担う“スマートAGC推進部”が中心となり、18年2月から各拠点とグループ会社に対して、RPAの最新適用事例、その使用方法に関するデモや展示会の実施、各職場の業務に応じたRPA適用の提案を進めてきた。

 その結果、経理、調達、研究開発などの間接部門を中心に、計70台のロボットを導入し、会計システムの伝票入力業務や購買管理システムの検収管理業務を自動化することによって、19年9月末時点で導入前と比較して年間4200時間の業務時間削減に成功した。

 業務の高効率化に向けて、今後はRPAの展開地域・対象業務を拡大していく。展開地域は、日本国内の拠点だけでなく、欧州・米州・アジアの各拠点に広げるとともに、対象業務として間接部門を中心とした業務から、工場の生産管理部門の業務まで拡大することで、20年末までに年間1万時間以上の業務時間削減を目指す。