ニッセイコム(荻山得哉社長)は1月30日、人事管理システム「GrowOne 人事SX」と給与計算システム「GrowOne 給与SX」用のRPAテンプレートの提供を1月20日に開始したと発表した。

 今回のRPAテンプレートは、人事情報登録、月例給与、賞与、社会保険、年末調整などの定型業務に利用でき、人事・総務部門での業務効率化を実現する。RPAには、国内で豊富な導入実績があるNTTアドバンステクノロジの「WinActor」を採用した。WinActorは、プログラム作成の経験が少ない顧客でも利用できるように設計されているため、人事・総務部門の担当者でも簡単に運用を開始できる。

 顧客によるカスタマイズが可能で、RPAテンプレートを基に作成することで、自社のニーズに合ったソフトウェア・ロボットを簡単に作成できる。また、GrowOne 人事SXとGrowOne 給与SXに精通したシステムエンジニアがRPA導入を支援するため、実務目線での導入が可能。さらに、RPAの利用が初めての顧客でも安心して運用できるように、同社独自の支援メニューを用意している。