三井情報(MKI、小日山社長)は2月6日、Box Japan(古市克典社長)が提供するクラウド・コンテンツ・マネジメント・プラットフォームの「Box」上にアップロードしたデジタルコンテンツへ、MKIが独自に開発したAIエンジンを使用して自動でタグ付けを行う「AI Auto-Tagging for Box」を、Box Skills Kitと連携したサービスとして提供を開始したと発表した。

 AI Auto-Tagging for Boxは、Box上で決められたフォルダーにデジタルコンテンツをアップロードするだけで、AIが自動でタグ付けを行う機能。決められたフォルダー以外に保存したデジタルコンテンツも、Boxにある特定のフォルダーやファイル上でAI処理を指示すればタグ付けを開始できる。AIによる画像認識でタグの種別を決めるため、属人的な判断に依存せずに、正確・簡単に大量のデジタルコンテンツにタグ付けし、情報資産のデジタル化や生産性向上を支援する。

 利用するAIエンジンはMKIが独自に開発したもので、過去にはポケモンとの共同検証を行い、さまざまなポケモンキャラクターを区別してタグ付けできることを確認した。また、MKIのAIエンジン以外にMicrosoftが提供するCognitive Servicesとの連携が可能で、視覚が中心となるデジタルコンテンツ以外に言語、音声、ウェブ検索や意思決定にかかわる内容についてもAIエンジンを利用したさまざまな判断ができる。

 働き方改革やデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を目的にBoxへの情報集約を検討、実践する顧客が増えるなか、MKIではインテリジェンス・AI分野でのナレッジを生かし顧客へ情報集約のその先にある、インテリジェンスの活用を含めたBox導入の提案を進めている。今後もMKIは、企業の働き方改革やDX推進、クラウド利用の一般化を支援するため、さまざまなソリューションを提供し、企業のBox活用に貢献していく考え。