日本ディープラーニング協会(理事長・松尾豊東京大学大学院工学系研究科教授、JDLA)は3月3日、ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定する2020年第1回E資格(エンジニア資格)の合格者を発表した。

合格者数などのデータ

 今回は2月21、22の両日に実施した。1076人の申込者のうち1042人が受験し、709人が合格した。合格率は68.04%。受験者数が1000人を突破したのは初めて。累計合格者数は1660人となった。

 業種別では、情報処理・提供サービス業が27.22%で最も多く、ソフトウェア業の25.11%が続いた。年代別では、20代が40.48%で最多だった。

 次回の試験日は8月29日の予定。