ニッセイコム(荻山得哉社長)と三菱電機ビジネスシステム(中野隆雅社長)は3月4日、人事・給与・就業連携ソリューションにより、人事・総務部門の働き方改革を支援すると発表した。

人事・給与・就業製品の連携概要

 近年、働き方改革を推進するために過重労働の抑止や多様な勤務形態の導入・人事制度や賃金体系の見直しなど新たな社内制度を取り入れる企業が増えている。これを受け今回、人事管理システム「GrowOne 人事SX」、給与計算システム「GrowOne 給与SX」を提供するニッセイコムと、就業システム「ALIVE SOLUTION TA」を提供する三菱電機ビジネスシステムは、両システムの連携を強化する。

 連携ソリューションは、働き方改革向けの社内制度に柔軟に対応するとともに、人事・総務部門の業務効率化・負荷軽減を実現し、戦略的な人材活用と労働時間管理の法令遵守をサポートする。

 GrowOne 人事SXは、入社から退職までの基本情報・履歴情報・発令記録や、組織の改編履歴など人事管理業務を支援する。人事情報を一元管理するとともに、さまざまな条件で情報を抽出できるため、人事業務特有のイレギュラーな検索にも対応できる。

 GrowOne 給与SXは、月例給与から賞与・社会保険・年末調整・昇給差額計算・通勤費管理・労働保険まで給与計算業務をサポートするシステム。項目名称・属性・計算式や手当のマスタを設定・組み合わせることで、手入力作業を徹底的に削減し、入力ミスの防止と業務の効率化を実現する。

 ALIVE SOLUTION TAは、さまざまな勤怠入力方法に対応しており、多種多様な勤務体系や制度に柔軟にフィットするシステム。複数の客観的な労働時間と実労働時間の乖離・差異をチェックすることができ、36協定の遵守をサポートする仕組みにより、労働時間の実績を「分析」し、今後の「予測」を行い、問題を未然に「予防」することができる。

 今後、ニッセイコムと三菱電機ビジネスシステムは、販売促進活動を行い、25年度末までにGrowOne 人事SX、GrowOne 給与SXとALIVE SOLUTION TAであわせて、100セットの販売を目指す。