ユニアデックスは3月5日、新型コロナウイルス対策のテレワーク導入に課題を抱える企業や団体を支援するため、クラウド型ネットワークサービス「Wrap(ラップ)」を5月31日まで無償提供すると発表した。

「Wrap(ラップ)」のシステムイメージ

 従業員数300人以上の企業や団体が対象。申し込みは3月5日から4月17日まで、専用サイト(https://www.uniadex.co.jp/special/dx/wrap.html)で受け付ける。無償提供期間終了後、有料サービスに切り替えて利用を継続することも可能。

 Wrapは、プライベートLTEの技術を採用し、IoTやローカル5Gなどを活用した顧客のデジタルトランスフォーメーションを支援するサービス。