ラオックス(羅怡文社長)は3月27日、2月14日に公表した「希望退職者の募集」の結果について発表した。


 ラオックス従業員の希望退職者の募集では、「販売専門職の正社員と契約社員」「販売専門職以外で在籍する40歳以上・勤続2年以上の正社員と契約社員」を対象に、140人程度を募集した。退職日は3月31日。

 また、シャディ従業員の希望退職者の募集では、「在籍する50歳以上・勤続10年以上の正社員と契約社員」を対象に、20人程度を募集した。退職日は4月10日。

 この結果、ラオックスの応募人数は90人、シャディの応募人数は21人となった。同社では今回の募集にともない発生する特別退職金と、この退職に関連する費用は、20年12月期連結決算で、特別損失として約9600万円を見込んでいる。