四国電力送配電(横井郁夫社長)は4月6日、電力スマートメーターを活用した「IoT向け通信回線サービス」を、21年4月をめどに開始すると発表した。

IoT向け通信回線サービスの概念図

 四国電力送配電では、これまでLPガス事業者である四国ガス燃料(林章二社長)とスタン(近藤紳一郎社長)、水道事業者である香川県広域水道企業団とともに、電力スマートメーターを活用した電気・ガス・水道の共同検針に関する実証試験を実施してきた。今回、この実証試験で得られた知見や技術を踏まえ、21年4月をめどに、電力スマートメーターを活用したIoT向け通信回線サービスを開始する。

 同サービスは、ガス・水道メーターなどに無線通信端末を接続し、四国電力送配電が保有するスマートメーター用通信システムを介して、ガス・水道事業者へ検針値などの情報を提供するもの。これにより事業者は、検針値やガス漏れ・漏水警報などの遠隔取得、さらにはメーター開閉栓などの遠隔操作が可能となり、検針・保安業務の効率化・高度化を実現できる。

 今後、ガス・水道事業者に対し、同サービス普及に向けた活動を積極的に展開していくとともに、さまざまな社会的課題の解決や地域の事業者の業務効率化に向け、同社が保有する知見や送配電ネットワーク設備などを活用して、新たな価値を提供していく方針。