NEC(新野隆社長)は、HCI(Hyper Converged Infrastructure)専用モデルである「NEC Hyper Converged System」で、新たに「Microsoft Azure Stack HCI」に対応した製品を4月15日に発売した。

「NEC Hyper Converged System」の「Microsoft Azure Stack HCI」対応モデルの位置づけ

 新製品「NEC Hyper Converged System for Microsoft Azure Stack HCI」は、Windows ServerベースのHCI専用モデル。「Windows Server 2019 Datacenter」のみでHCIを構成し、Windows Server仮想マシンの場合、ライセンスは無制限に利用でき、低コストでシステム運用が可能となるとともに、新たな運用管理ツールにより、容易にHCIの稼働管理を行うことができる。

 また、中堅中小企業への仮想化統合システムの導入を促進するため、小規模構成に特化し導入コストを抑えた2ノードエントリHCIモデルを製品化し、5月末に発売する予定。同製品では、小規模仮想化構成のMicrosoft Azure Stack HCIに適したWindows Serverライセンスを活用し、小規模サーバー仮想化統合に適したハードウェア構成を採用することで、導入コストを通常のモデルに比べて61%削減する。さらに、障害時の自動フェールオーバー機能や、仮想マシンのライブマイグレーション機能も搭載し、中堅・中小企業での仮想化システムの安定した運用を支援する。

 NEC Hyper Converged Systemでは、事前検証済みモデルの提供、「仮想化アセスメントサービス」や「構築サービス」「運用管理ツール」「保守サービス」などにより、HCIの導入・構築・運用・保守にかかる作業工程を短縮し短期間での導入が可能。従来のVMware vSAN対応に加え、今回、新たにMicrosoft Azure Stack HCIに対応することで、企業のITシステムの迅速な導入と柔軟な拡張、管理負荷の軽減をサポートしていく。

 税別価格は、スタンダードモデルが760万円から、大容量モデルが826万9400円から、2ノードエントリーHCIモデルが298万円から。