ネットワールド(森田晶一社長)は、米HashiCorp(ハシコープ)と世界初のディストリビューター契約を結び、マルチクラウド環境でクラウドネイティブなインフラ構築や機密情報管理の自動化を可能にするソフトウェアソリューション群と、日本語ヘルプデスクサポートの国内販売を4月16日から開始した。

HashiCorpとディストリビューター契約

 HashiCorpのソフトウェア製品群は、開発から運用まで幅広くカバーし、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド環境でのインフラやセキュリティのあるべき姿を再利用可能なコードで定義することで、大規模環境でも、迅速な展開や運用管理、セキュリティやガバナンスの徹底を自動化することができる。

 同社のツール群と技術は、すべてオープンソースとして公開されており、日本でも先進的な技術者に利用されているが、今回、ネットワールドが商用版と日本語のヘルプデスクサポートを提供することにより、エンタープライズ市場での導入を加速し、導入ユーザーの裾野を拡大する。

 主な製品として、「Terraform(テラフォーム)」は、ソースコードとしてインフラの構成を定義し、インフラのあるべき姿をコードで検証、レビュー、再利用する。プライベートクラウド、パブリッククラウド、外部サービスの導入についてワークフローを変えずに可能にし、デベロッパーとオペレーター間でインフラのプロビジョニングを共有する。

 「Vault(ヴォルト)」は、シークレット情報(トークン、パスワード、証明書や暗号化キーなど)を一元管理して、生成、保存、提供を行う。また、データ暗号化のためのシンプルなAPIと暗号化キーを一元的に管理し、アプリケーションのデータを安全に保つことが可能となる。

 「Consul(コンサル)」は、サービスレジストリ、ヘルスチェック、DNSなどの機能を提供し、あらゆるサービス検出やサービス同士の接続を担う。また、mTLSベースの暗号化やアイデンティティベースの認可機能を提供し、サービス間の通信を安全に保つ。

 「Nomad(ノマド)」は、マイクロサービス、バッチ処理、コンテナ化またはコンテナ化されていないアプリケーションを組み合わせてデプロイや管理ができ、既存のメジャーなワークロードにも対応可能。シンプルなアーキテクチャーで、セキュリティや運用コストの肥大化を抑えることができる。

 これらのツール群は、あらゆるアプリケーションやOSのマルチクラウドへのプロビジョニング、シークレット管理と保護、接続、実行を自動化する。各ツールは単独での導入も可能となっている。