SBテクノロジー(SBT、阿多親市社長CEO)とリデン(上原郁磨代表取締役)は5月27日、オープンイノベーション農業プラットフォーム「agmiru(アグミル)」の新サービスとして、スカイマティクス(渡邉善太郎代表取締役)が提供する葉色解析サービス「いろは」と連携した画像解析サービス「agmiru×IROHA」の提供を開始すると発表した。

画像解析サービス「agmiru × IROHA」の画面イメージ

 いろはは、インターネットを通じて農地画像の診断・管理を簡単に行えるサービス。ドローンで撮影した画像をいろはにアップロードすることで自動的にデータ化し、最新の画像処理解析技術とAI技術による作物に最適な解析を行うことで、作物の生育状況や農地の状態を見える化する。農業人口の高齢化や人手不足といった課題を解決するためにスマート農業の需要が拡大するなか、離れた農地や広大な農地をリモートで確認したいという農業者をサポートする。

 SBTとリデンは、農業人口の高齢化による労働力不足やノウハウの継承といった課題の解決にはデジタルトランスフォーメーションが必要であると考え、さまざまな農業データや農業サービスを提供する各社との協業を進めている。

 今回のagmiru×IROHAでは、agmiruと同一IDを利用してログインすることで、画像解析サービスを提供する。agmiru×IROHAの提供により、agmiruユーザーは、コミュニティサービス内で画像の解析結果について若手農家やプロ農家、有識者など幅広い人と意見交換したり、ユーザー同士で結果を比較して情報を深堀するといったことが可能となる。また、解析結果をもとに必要な資材を資材購入サービスで購入することもできる。

 価格は、従量課金プランが年額1万2000円、年間定額プランが年額18万円。