日本システムウエア(NSW)は、流通・小売事業者向けに無線通信技術と電子ペーパーを活用した「電子棚札ソリューション」の販売を7月8日に開始した。

電子棚札ソリューションのシステムイメージ図

 電子棚札ソリューションは、既存の値札を電子棚札に置き換えることで、価格変更の一括制御や価格を変動させるダイナミックプライシングを実現し、効率的で機動的な新しい店舗作りをサポートするデジタルソリューション。

 同ソリューションでは、グローバルで豊富な導入実績のある電子棚札を採用しており、顧客の店舗規模に応じて柔軟な電子棚札システム設計が可能。また、NSWのAI技術を活用し、販売状況などに応じて価格を変動させるダイナミックプライシングを実現する。さらに、流通・小売業向けシステムの長年の業務ノウハウを生かし、最適な店舗展開やシステム運用・保守までをトータルでサポートする。

 棚札を電子化することで、コロナ禍で店舗内従業員の人数が制限されるなか、人手のかかる値札の貼り替え作業の負荷とコストを削減することができる。さらに電子棚札を店頭の新たな情報デバイスとして、カメラなどの各種センサーとの連携やデジタルマーケティングへの活用など多くのメリットが見込める。

 今後、NSWでは電子棚札ソリューションと、家電量販店やドラッグストアへの導入実績が豊富なPOSパッケージ「GADGET STORE」をはじめとする流通・小売業向け商材との連携により、顧客業務のデジタル変革を支援していく考え。