オービックビジネスコンサルタント(OBC)は7月15日、同社が提供する「奉行Edge 勤怠管理クラウド」と、Skyが開発・運営するクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」との連携を開始したと発表した。

「奉行Edge 勤怠管理クラウド」と「SKYSEA Client View」が連携

 今回の製品連携により、奉行Edge 勤怠管理クラウドの打刻情報と、SKYSEA Client Viewで記録したクライアントPCの操作ログ(操作開始/操作終了時刻)との差異を一覧にしたレポートの自動出力が可能となった。

 これによって、知らない間に従業員の打刻時刻が労働の実態に反していないかチェックすることが可能となり、労働時間の管理が適正かどうか客観的に判断できるようになる。また、離れた場所で働いている従業員の労働状況が可視化されることで、従業員の「さぼり」や「働きすぎ」を防止するための労務マネジメントを実現できる。