サイバーソリューションズは、メールアーカイブシステムの最新版「MailBase V6」の提供を7月28日に開始した。


 MailBaseは、社内外あてすべての送受信メールを保存し、必要な時に添付ファイルの中身も含め高速に全文検索することができる容量無制限アーカイブシステム。Office 365やG Suiteをはじめとしたクラウドメールサービスや、ExchangeやNotesといった各種メールサーバーに連携可能。また、ウェブインターフェースを搭載しているため、高度な操作スキルを必要とせず、インターネット検索をする感覚でメールの適切な利用状況を監査することができる。コンプライアンス対策に加えて、社員自身が過去のメールを検索することも可能となっている。

 最新版では、WebAPIを使用することで、グループウェアや顧客管理システムといったMailBase以外のシステムから、MailBaseにアーカイブされた膨大のメールデータを検索することや検索結果をメール転送することができるようになった。

 また、OAuth(オーオース)2.0認証によるAzure AD(Azure Active Directory)でのシングルサインオンをサポートした。Azure ADは、Microsoftが提供するクラウドベースのIDとアクセス管理サービスで、Azure ADのIDを利用してMailBaseにログインできるようになる。これにより、メールサーバーはOffice365のExchange Onlineを使用し、アーカイブはMailBaseを利用している顧客はシングルサインオンが可能となり、セキュリティ面での利便性が向上する。そのほか、CookieのHTTPOnly属性やSecure属性をサポート。暗号化の制御やログイン画面でのオートコンプリート機能の無効化などの設定が可能になり、セキュリティ面の強化も実現している。

 監査担当者が効率よく必要な過去メールを検索できるように、監査でのメール検索画面のレイアウトを改善。関連した設定のグループ化によりユーザビリティを向上した。また、検索条件に関して、監査ルールの条件式設定数が以前は10項目のみだった機能を、20項目に拡張した。過去メールを検索するにあたって、細かい条件分岐が可能となることで、監査担当者が必要なデータを効率よく絞り込みができるようになった。

 さらに、インデックス作成時のテキスト抽出・変換処理時の負荷軽減、メールの圧縮形式を追加しディスク使用量の削減、マルチサーバー環境でのメール概要一覧エクスポート処理の改善といった処理機能の改善も実現している。

 なお、今回の機能拡張はオンプレミス製品であるMailBaseにのみ適用されるが、クラウドサービスである「MAILBASE Σ(メールベースシグマ)」にも8月以降、順次適用していく予定。