NTTデータ、NTTデータ経営研究所と阪神コンテンツリンクは9月3日、NTTデータの人間の脳活動を推定する技術「NeuroAI」と、阪神コンテンツリンクのBillboard JAPANの総合ソングチャートHOT 100のデータを組み合わせた共同研究を9月から実施したと発表した。

楽曲の信号を脳情報に変換した例

 今回、16年12月から20年5月までにチャートインした2185曲を対象に、楽曲を聴いた際の推定脳活動・音色の特徴、歌詞、コード進行や過去のチャート情報などの楽曲特徴を利用し研究を行った結果、音楽トレンドを可視化し、ヒットソングを予測する新技術の開発に成功した。

 開発した技術は「楽曲の脳情報化による新たな特徴の獲得」(脳情報化された楽曲特徴の類似性が評価可能に)、「ヒットソングの特徴の可視化」(「ヒットの要因」を脳情報や歌詞・コード進行などの楽曲特徴から把握)、「未来の音楽トレンド予測」(どんな楽曲がトレンドとなるのか4カ月程度先まで予測)の3つ。

 これにより、どのような特徴を備えた楽曲がトレンドとなっているのか、そして今後どうなるのかの定量的な評価が可能となり、思いもよらないヒットソングが突然現れる今日のマーケットへの適応が期待される。

 3社は今後、所属アーティストの躍進を目指すレコード会社などに向け、アーティストの発掘・育成やマーケティングの支援、そしてストリーミング事業社などに向けたチャートデータや脳情報を基にしたプレイリストの制作支援を行うなど、新たなサービスのトライアル提供を9月から開始する。