鈴与シンワートは10月2日、自社が運営するデータセンター「S-Port東京第一センター」と鈴与シンワート本社の照明に使用する電力を対象とし、「グリーン電力証書」の購入に関する契約を10月1日に日本自然エネルギーと取り交わしたと発表した。

 今回のグリーン電力証書の購入により、S-Port東京第一センターと鈴与シンワート本社の照明に使用する年間使用電力(約40万kWh)を100%グリーン電力化し、再生可能エネルギーの普及と地球温暖化防止、地球環境負荷軽減の実現に貢献していく。

 グリーン電力証書システムは、再生可能エネルギーにより発電された電気の環境付加価値を、証書発行事業者が第三者認証機関(日本品質保証機構)の認証を得て、グリーン電力証書という形で取引する仕組み。グリーン電力証書を購入する企業・自治体などが支払う費用は、証書発行事業者を通じて発電設備の維持・拡大などに利用される。

 鈴与シンワートでは、本業を通じた社会貢献「社会との共生(ともいき)」を具現化するため、今後もさらなる再生可能エネルギーの利用促進を目指す。