オービックビジネスコンサルタント(OBC)は10月5日、ROBOT PAYMENTが7月2日に立ち上げた「日本の経理をもっと自由に」プロジェクトの一環で、経理業務の電子化により生産性向上を実現したケーススタディを発信するオンラインイベント「日本の経理をもっと自由にカンファレンス 2020」で登壇すると発表した。


 このイベントは、「日本の経理をもっと自由に」プロジェクトが運営するオンラインカンファレンス。同プロジェクトは、経理の新しい働き方を実現するため7月2日に発足し、現在100社を超える企業が賛同している。また、9月11日には、経理従事者の悩みや不安を可視化する「経理のお悩み相談会」を開催、電子帳簿保存法改正の前日である9月30日には、経理の働き方の改善を求める嘆願書を新聞広告に掲出し、実際に経済産業省へその嘆願書を提出するなど、経理の働き方改善に繋がる取り組みを推進してきた。

 10月22日に開催される「日本の経理をもっと自由にカンファレンス 2020」では、経理向けサービスを提供している企業10社が集結して、経理の働き方改革を考え直すべく、業務改革の最前線で得た成功事例から、経理のこれからの働き方を解説する。「電子帳簿保存法」「インボイス制度」「2025年の崖」など、経理を取り巻く環境が大きく変化していくなかで、今後のデジタル化・ペーパーレス化の展望に触れながら、未来を見据えたディスカッションを行っていく。

 イベントの開催日時は、10月22日10時から17時40分まで。オンライン配信(Zoom)で行われる。参加費は無料。