大塚商会は、オンプレミスの基幹業務システムと業務クラウドサービスをAPIで連携する月額課金サービス「SMILE V APIコネクト for 楽楽精算」の提供を10月23日に開始した。


 SMILE V APIコネクト for 楽楽精算は、OSKの「SMILE V会計」と、ラクスのクラウド型経費精算システム「楽楽精算」を、APIでつなぐサービス。SMILE V 会計と楽楽精算の間で仕訳データの連携を自動実行させることで、ファイルの書き出し・取り込みの工数を削減する。

 人手を介さずに定期的にデータを自動連携するため、経理担当者は定期的に発生するデータ送受信業務が不要となることに加え、作業忘れや作業漏れを防止できるため、業務効率の向上を実現する。

 また、同サービスには、API連携基盤サービスとして、JBアドバンスト・テクノロジーの「Qanat Universe」を利用している。

 税別価格は、月額5000円、初期費用は9000円。同社では、30社への販売を目標としている。