PHPカンファレンス2020実行委員は、世界で初めてのPHPカンファレンスが日本で開催されてから20周年に当たる国内最大級のPHPイベントである「PHPカンファレンス2020」を12月12日に、GMOインターネット、Cygames、PHP技術者認定機構、弁護士ドットコム、Hamee、BASEをはじめとする合計約30社のスポンサーを受け、YouTube Live上で開催する。


 PHPカンファレンス2020は、国内の業界トップランナーによるPHP最新動向や、コアテクノロジーからPHP初心者向けセッションまで、40以上のセッションと16のライトニングトークを届ける予定。これからPHPを始める人から、さらにPHPを極めていきたい人まで幅広く楽しめるイベントになるようプログラムを用意している。

 キーノートスピーチでは、日本PHPユーザ会の廣川類氏が「PHPの今とこれから 2020」と題した講演を行う。また、注目のメイントークセッションとして、PHP8リリースマネージャーのGabriel Caruso氏による「PHP 8.0:A new version, a new era」、EGセキュアソリューションズ代表取締役の徳丸浩氏による「ウェブセキュリティのありがちな誤解を解説する」を行う予定。

 参加料金は無料(事前登録制)。2000人の来場を見込んでいる。