SBクリエイティブは11月17日、リテール店舗内や病院の待合室、オフィスの休憩室など、人が密集しがちな場所にセンサーを設置し、人口密度を自動判定することにより、新型コロナウイルス(COVID-19)感染予防対策を目的とした映像や音声をサイネージ(ディスプレイなど)に表示することで密集解消を促す「密回避サイネージ」の提供を開始すると発表した。

店舗内の混雑状況をサイネージやスマホで表示

 密回避サイネージは、SBクリエイティブが開発した画像認識AIソフトウェアを活用し、ウェブカメラ経由で一定のエリア内(画像内)の人数をカウントし、密集度を瞬時に判定するサービス。その判定情報は、モバイルインターネット網を介して店頭のデジタルサイネージや、パソコンやスマホ向けのウェブサイトに視覚的なビジュアル(コンテンツ)で表示する。すでに店舗内でサイネージ導入している事業者などはサイネージをそのまま活用し、ウェブカメラなどの機器を追加することで、オプション的に機能を安価で付加することもできる。

 同社では、ニューノーマルに即した新しいソリューションとして、密回避サイネージの導入をスーパーマーケット、ドラックストア、コンビニエンスストアなど様々なリテール店舗のほか、病院、役所、オフィスなどへも拡大していく計画。