ネットワンパートナーズは、BriefCam(本社・イスラエル)が開発する映像の確認時間を90%以上短縮する監視カメラ映像分析ソフトウェア「BriefCam」の販売を、パートナー経由で1月29日に開始した。

訪問者数、平均滞在時間、性別、動線などを、自動的にダッシュボードで視覚化

 BriefCamは、AI・深層学習によって情報をデジタル化することができる映像分析ソフトウェア。具体的には、監視カメラで撮影した対象物の28属性(時間、顔、色、大きさ、移動速度、男性、女性、子ども、車、自転車、移動方向、滞留時間など)を抽出することで、単なる録画映像を構造化されたデータへと再構成する。これによって、録画映像の新たな活用法を実現するさまざまな機能を提供する。

 「Review機能」では、監視カメラで撮影した対象物について、確認したい属性を組み合わせて検索可能で、さらに、異なる時間に映った検索対象を同時に表示できる。これによって、目的の対象物を迅速に特定し、映像の確認時間を90%以上減と大幅に短縮する。

 「Respond機能」では、あらかじめ指定した属性を監視カメラで捉えた際に、リアルタイムで通知を受けることが可能。これによって、想定する緊急事態が発生した際に、迅速に対処して安全を確保する。

 「Research機能」では、抽出した属性情報を蓄積し、ダッシュボードで分析結果を自動的に視覚化することができる。これによって、マーケティング施策の改善・検討が可能となる。

 これらの3機能を活用して、新型コロナウイルス感染症への対策も可能。具体的には、Review機能で感染した従業員の動線を特定し、指定した距離よりも近い人物を検索できる。また、Respond機能でマスク未着用者が入館した際に通知して着用を促すことができる。さらに、Research機能で混雑しやすい場所と時間を特定し、予防的対処が可能となる。

 BriefCamは、各国の法執行機関や、警備会社、空港をはじめとする重要インフラ施設など、様々な場所で導入されている。国内でも、法執行機関や警備会社での利用に加え、セキュリティ向上とマーケティング活用の双方を目的とした利用も増えている。

 ネットワンパートナーズでは、監視カメラを軸とした包括的なフィジカルセキュリティソリューションを提供している。具体的には、連携機能に優れた監視カメラ映像管理ソフトウェア、高精度な顔認証ソフトウェア、非接触型指紋認証システム、夜間・逆光でも高画質で通信帯域を低減する監視カメラ、高品質なネットワークシステム、保管映像のデータ量に応じてスケールアウトが可能なストレージなど。今回、「映像解析」機能も追加することで、録画映像の新たな活用法を提案し、大幅な付加価値の向上を図る。