理経は2月8日、日本HPのエンドポイント保護ソリューション「HP Sure Click Enterprise」の販売パートナー契約を結び、販売を開始したと発表した。

HP Sure Click Enterprise

 HP Sure Click Enterpriseは、従来の検知型や階層型のマルウェア対策製品とはまったく異なる発想で、外部からの脅威を防御・解析・分析し、安全にアプリケーションの隔離と封じ込めを行い、強固なエンドポイント保護を行うソリューション。

 エンドポイントの感染は、添付ファイルに起因するものが多数を占めているが、同ソリューションでは隔離環境を仮想的に作り出す「MicroVM(マイクロ仮想マシン)」を用いて、マルウェアや感染した添付ファイルを開いても感染を完全に封じ込め、PCの安全を100%守ることができる。隔離された環境のため、ネットワーク経由で他のPCやサーバーなどに送られることも一切ない。

 PCと内部ネットワーク上の受信ファイル、リンク、ウェブブラウザーをハードウェアベースで隔離し、脅威についての豊富な履歴情報を使用して高度な動作分析を行い、他のソリューションが見落としている悪意のある活動を特定することで、より確実な保護を提供する。また、各攻撃に対してリアルタイムでアラートを発し、セキュリティ侵害を排除するための主要な機能を企業に提供する。

 同社では今後、メールの添付ファイルを経由したマルウェアの感染対策として、全ての業種・分野の顧客に広く販売していく考え。