日立システムズは、5Gネットワークの普及や映像技術の進化を踏まえ、公衆網(インターネット回線など)やクラウドを利用してコストを抑えつつも特殊な暗号化処理技術で高精細な映像をセキュアに伝送し、保管・検索・閲覧できる「セキュア映像通信サービス」の提供を2月18日に開始した。

セキュア映像通信サービスのイメージ

 セキュア映像通信サービスは、5Gなどの次世代無線通信技術を活用したワンストップソリューションの一つとして、(1)特殊な暗号化処理を行うためのプログラムを搭載した監視カメラなどのエッジデバイス、(2)デバイスで撮影した映像を暗号化し、5Gやローカル5G、Wi-Fi 6、sXGPなどのネットワークを通じてリアルタイムに伝送するシステム、(3)暗号化した映像の復号と保管・検索・閲覧が可能な映像管理システムなどをセットで提供するもの。

 具体的には、米国のパートナー企業が特許を取得している特殊な暗号化処理技術(AES256による暗号化)をベースに日立システムズ独自のプログラムをカメラに搭載することで、高精細な映像でも暗号化処理の遅延が少ない映像通信を可能にする。プライバシー保護が重要な場所での映像通信・管理でも、専用回線や閉域網などを利用せず、公衆網とクラウド、特殊な暗号化処理技術によって低コストでセキュアな映像の伝送を実現できる。

 また、同サービスでは暗号化技術の提供だけでなく、映像の復号から保管・検索・閲覧が可能な映像管理システムや必要となる高精細カメラの調達などをワンストップで提供することで、運用面も含め、顧客のニーズに合った映像管理システムの導入を支援していく。

 これによって、公共・医療分野などでの活用が期待できる。例えば、現状は街中の電柱などに取り付けた監視カメラの映像管理として、映像を記録したカード型の記録媒体を人手で定期的に回収や交換を行っているような場合、新サービスにより、セキュリティを担保しつつも、映像データをリアルタイムに伝送する映像監視システムへ移行することができ、プライバシー対策や作業負荷、運用コストの低減を支援する。

 救急医療の現場でも、ドクターヘリなどで救急搬送中の患者の様子や怪我・病気の症状に関する高精細な映像を受け入れ先の病院にセキュアに低遅延で伝送することで、事前に受け入れ準備を整えたり、迅速で適切な診断・処置につなげたりすることが可能となる。

 日立システムズでは今後、ローカル5Gワンストップソリューションとして、さまざまなサービスを展開していく予定。関連した製品・サービスで、2025年度末までに累計25億円の売り上げを目指している。