日商エレクトロニクス(日商エレ)と弁当の製造販売などを展開するい和多は、3月4日発表の健康経営優良法人2021(ホワイト500、ブライト500)のうち、183社の企業が、い和多のスマートミール認証弁当を導入していることを発表した。

スマートミール認証弁当の例

 日商エレの日本最大の弁当注文サービス「おべんとね!っと」では、健康経営優良法人(ホワイト500、ブライト500)を取得・継続・更新をサポートする、スマートミール認証弁当を提供している。近年、健康経営優良法人認定制度は注目を集めており、日商エレとい和多は、規模の大きい企業や医療法人などを対象とした大規模法人部門である「ホワイト500」の認定を目指す企業をサポートしている。

 おべんとね!っとは、業界初となるスマートミールの認証を受けたい和多の弁当を提供しており、健康経営優良法人認定を目指す企業をはじめ、健康経営の実現に向けた従業員の健康管理として利用できる。スマートミール認証弁当を従業員へ提供することは、ホワイト500を取得・継続・更新する際の加点となる。加点対象となるのは、(1)第三者認証を受けた健康に配慮した食事を提供する環境を整備、(2)職場の売店や自動販売機などでの熱量(カロリー)・主な栄養成分等の表示、(3)外部事業者・管理栄養士などによる栄養指導・相談窓口の設置の3項目。

 スマートミールは、日本栄養改善学会など13の学協会で構成される「健康な食事・食環境」コンソーシアムにより、審査・認証される食事。スマートミール認証を受けた食事は、一食の中で、主食・主菜・副菜が揃い、野菜などの量や食塩相当量にも配慮した食事を摂ることが可能。い和多の弁当をおべんとね!っとで注文することで、弁当の集計・決済の手間を削減し、健康経営の実現のためのサービス導入など、経営者や総務部の想いに応える。おべんとね!っとでは、オフィスの弁当をPC、タブレット端末、スマートフォンアプリから注文、決済することができる。