NTTドコモと新潟市、新潟大学、国際総合学園新潟コンピュータ専門学校(NCC)は4月9日、5Gなど先端技術を活用した新たな地場産業創出を目指し連携協定を結んだ。

連携のイメージ

 具体的な取り組みとして、新潟市の産業振興センター内に開設予定の「5Gビジネスラボ」を拠点に、同市の運営のもと、市内外の企業が参加する「DXプラットフォーム」を立ち上げる。ドコモ、新潟大学、NCCはDXプラットフォームと連携し、5Gビジネスの活性化を図るという。

 また、次世代産業の担い手を育成するため、ドコモが学生向け5G講演会や5Gを体験できるイベントを新潟大学やNCCと協力して開催する。ドコモと新潟大学はBeyond5Gの共同研究にも取り組んでいく。

 新潟市では、若年層の人口流出、地域経済の発展が課題となっているという。今回の協定により、5Gを活用した新たな産業創出を目指す。