アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、クラウド型経費精算サービス「BIZUTTO(びずっと)経費」に紙の領収書や請求書などの国税関係書類を電子データとして保存することにより、紙での保管が不要になる「電子帳簿保存法オプション」を追加し、4月19日に提供を開始する。

 電子帳簿保存法オプションは、電子帳簿保存法のスキャナ保存要件に対応し、各種証票を電子データとして申請する時に、電子データの解像度と階調を自動的にチェックし、タイムスタンプを自動付与する。

 同オプションでは、添付されたデータが保存されるタイミングを「申請時」または「最終承認後」の2つから選択することができる。例えば、原本書類の受領者が全ての工程を処理する場合には、「概ね3営業日」以内の保管ルールに合わせて保存タイミングを申請後に設定するなど、各社の運用に合わせた設定が可能となる。

 領収書などのデータを添付し申請したタイミングで、電子化されたデータがスキャナ保存の法令要件を満たしているかどうかを確認し、要件に満たない場合にはアラートが表示される。また、添付されたデータの読み取り情報が自動的に保管される。

 ワークフローで申請された領収書などのデータは、NTTデータ・ビジネスブレインズの統合型電子データ保存サービス「ClimberCloud(クライマークラウド)」に保存されたタイミングで、タイムスタンプが自動付与される。