鈴与シンワートは5月26日、人事給与アウトソーシングサービス「S-PAYCIAL」をディスカウント業界のパイオニア「ロヂャース」運営会社の北辰商事が導入したと発表した。


 北辰商事では、以前は紙媒体の書類を中心に事務処理を遂行していた。S-PAYCIALの導入を検討するきっかけになったのは、18年8月の浦和への本社移転。従来の煩雑な事務処理の改善と、今後増員が見込まれる従業員の人事管理体制を円滑に進め、生産性向上を図ることを目的として人事給与管理システムの導入を検討した。

 S-PAYCIAL採用のポイントは、「サービス内容」「サービスの提供体制」「導入後のサポート体制」を挙げている。また、S-PAYCIALの導入により、人事業務の負担減少やペーパーレス化促進、メンバーの稼働人数削減(約20%)などの効果があったとしている。