パナソニックi-PROセンシングソリューションズは、新しいスタンダードモデルとして「i-PRO Sシリーズ」ネットワークカメラを9月から発売し、パナソニック システムソリューションズ ジャパンを通じて販売する。


 i-PRO Sシリーズは、AIプロセッサーを標準で搭載し、カメラ内で顔や人、車両、二輪車を自動で識別することができる。また、AIアプリケーションを最大二つまでインストールでき、従来の防犯用途だけでなくAIアプリケーションによる映像の分析・解析をすることで、事件事故の未然防止や業務効率化などの新たな付加価値を提供する。

 主な特徴として、従来のネットワークカメラで難しかった映像の分析・解析といった高負荷のAI処理をカメラ内で行うことで、サーバー側で行っていたAI処理の負荷を分散し、カメラ単体で映像の分析・解析をすることができる。

 ネットワークカメラ本体に搭載したAIプロセッサーを活用して、さまざまな分野、市場に適したアプリケーションを追加することで、顧客のニーズに対応する。また、ソフトウェア開発キット(i-PRO Camera SDK)の提供も行い、サードパーティーによるアプリケーション開発も可能とした。

 パナソニックの従来品(Sシリーズ)と比べ、大幅に画質を改善し、これまで以上に高精度な検知・識別・判定を行うことができ、分析・解析に適した映像を提供する。また、高画質化に加えて、AI技術を利用して「顔・人・車両・二輪車」を識別し、対象となる物体の速度に合わせてカメラの設定を自動で最適化、ブレない映像を提供する。夜間の暗い環境についても、視認性がさらに向上した。

 新しくAI音識別機能を搭載し、人の叫び声やガラスの破損音、クラクション、銃声といった音を識別し通知することで、映像監視を強化することを実現した。