IDC Japanは7月20日、「2021年 国内データセンター(DC)管理者調査」を発表した。

 今回の調査は、国内のDC管理者293人にアンケートを行ったもので、主にデータセンターファシリティ(建物、電気設備、空調設備、機械設備など)への投資や運用課題などについて調査した。このうち、金融機関や製造業などの一般企業が所有する企業内DC管理者が246人、ITサービス事業者や通信サービス事業者などの所有する事業者DC管理者が47人だった。
 
データセンター新設予定ありと回答したDC管理者の比率、2016年~2021年(出典:IDC Japan)

 調査によると、事業者DCでは40%の管理者がデータセンターやサーバールームの新設予定があると回答したのに対し、企業内DCの管理者のうちDCやサーバールームの新設予定があると回答したのが11%にとどまった。多くの企業のIT資産がクラウドサービス上で稼働するようになっているため、企業内DCを新設する傾向は弱い一方で、クラウドサービス提供に必要な事業者DCが次々と新設している。

 加えて、ソーシャルメディアやスマートフォンアプリのようなネットを使った新たなサービスを提供するため、クラウドサービスに対する需要は拡大傾向が強まっていることも、事業者DCの新設が多く予定されている要因となっているという。

 こうしたクラウドサービス拠点となる事業者DCは、「ハイパースケールデータセンター」と呼ばれるが、新設される建物の規模や電力容量が大きい点が特徴。その一方、事業者DCの中にはクラウドサービス提供を目的としないようなDCの新設も予定されている(従来型データセンター)。これらの従来型DCの新設規模は、他社のDC内の一部のサーバールームを賃借することによってDCを設置するケースが多いため、ハイパースケールDCの新設規模よりも小さくなることが今回の調査で分かった。従って事業者DCの新設投資は、大規模な建物建設を伴うハイパースケールDCと、小規模なサーバールーム構築にとどまる従来型DCで二極化することになる。

 クラウドサービスに対する需要は、今後も拡大することが予測される。「ハイパースケールデータセンターの新設投資が、国内データセンター投資の拡大をけん引する傾向は今後も続くだろう」とIDC Japanでは見ている。