調査会社のIDC Japanは、2018年の国内ハイパーコンバージドシステム(HCI)市場の成長率が、支出額で前年比93.9%、305億2000万円になったと発表した。年間を通じて大手企業への普及が加速。幅広い産業分野で導入が拡大し、VDIに加えサーバー仮想化環境向けのITインフラの選定に当たって標準的な選択肢として位置付けられているとした。

国内ハイパーコンバージドシステム市場予測 2018~23年(出典:IDC Japan)

 この成長を受け、IDC Japanでは、国内HCI市場が23年に700億7800万円、18~23年の年間平均成長率(CAGR)18.1%と予測。短期的に仮想化環境の課題を解決するインフラストラクチャーとして普及が進むと捉えている。

 中長期では、デジタルトランスフォーメーション(DX)によってつくり出される次世代ワークロードへの対応や、DXに対応するITインフラとして俊敏性や柔軟性が向上、マルチクラウド環境でのITインフラ管理を統合するハイブリッドクラウドを実現するものとして普及が拡大する見込みとしている。