日本NCRは、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用した店舗向け統合監視ソリューション「DCS(Digital Connected Service)」の拡販を図る。

 小売業界では、店舗の可用性を高めて店舗オペレーションの効率化を図ることで、人的リソースを店舗の魅力度や消費者の購買体験向上といった戦略分野に再配置し、競合他社との差別化を図ることが急務となっている。そこで、日本NCRでは店舗のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に力を注ぐことにした。