Dropbox Japanの代表取締役社長に梅田成二氏が7月27日に就任した。前職でパートナービジネスに携わった経験を生かして同社の成長につなげる。

Dropbox Japan社長に就任した梅田成二氏

 梅田氏はアドビや日本マイクロソフトでクラウドやデバイスの事業に従事。直近では、日本マイクロソフトの執行役員デバイスパートナーソリューション事業本部長としてパートナー企業とモダンPCの普及拡大に取り組み、コロナ禍による企業のテレワーク促進に力を注いだ。今後は、Dropboxの日本における事業責任者として軸足をクラウドサービスに移し、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進していく。

 なお約4年間、Dropbox Japanの代表取締役社長やアジア太平洋統括を務めた五十嵐光喜氏は、すでに同職を退いている。