ウイングアーク1stは、電子契約サービス「invoiceAgent WingSign(インボイスエージェント ウイングサイン)」の提供を8月18日に開始した。企業間DX促進の一環で、6月に発表した電子取引サービス「invoiceAgent TransPrint(インボイスエージェント トランスプリント)」に続く第2弾のサービスとなる。

invoiceAgent WingSign

 invoiceAgent WingSignは、既存システムを変更せずに契約書の作成・確認・署名から保管管理までの全てを電子化し、ペーパーレスやハンコレスを促進する。契約業務の電子化による効率化に加えて、契約書や商取引の過程で流通する関連文書の電子保管で一元管理が可能。ペーパーレス化と内部統制強化をサポートする。

 なお、サービスの利用についてはドキュメント管理ソリューション「SPA Cloud」もしくは電子取引サービス「invoiceAgent TransPrint」の利用が必要となる。