伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、障がい者雇用を推進する特例子会社のCTCひなり(ひなり)と共同でAIデータ分析の事前準備を専門に行うデータ準備(Data Preparation:DP)サービスを8月19日に提供した。

CTCが金融業を中心とした顧客から受注したAIやデータ分析などの案件について、ひなりがデータの表記揺れや誤記などを整えるDP作業を実施する。AIの推進でハードルとなるDPを専門的に請け負うことで顧客のAI活用を支援し、また、AIを含めたIT分野での障がい者の新たな職域の開拓を図っていく。

 今回提供するDPサービスは、エンジニアに代わって専門的にDP作業を請け負うもの。AIでよく使用されるプログラミング言語のPython(パイソン)などを使用して大量のデータを整形する。

 例えば、「お客様と顧客」「取締役と役員」などの用語の名寄せや、全角と半角を含めた表記ルールを適用するほか、重複した用語の削除や異常値の除去といった作業を実施する。整形したデータをもとに分析することで、AIを通した精度の高い予測や判断が可能となる。

 ひなりは、障がいのある社員を支援する社員(サポートマネージャー)と主に知的障がいがある社員がチームを組み、20年初頭からPythonによるデータ整形に取り組んできた。CTCの金融分野でのAIやデータ分析のノウハウに基づく約1年間の試行期間を経て、定型的なデータの整形に関してはエンジニアと同等の技術水準に達している。