ラックは、三菱電機インフォメーションネットワーク(MIND)とサイバー攻撃のリスクが高いパソコン端末のセキュリティ対策サービスの提供で協業する。MINDの「マネージドEDRサービス(Endpoint Detection and Response、端末機器での脅威検出と対応)」にラックのセキュリティ調査技術やノウハウを提供する。

サービスイメージ

 マネージドEDRサービスでは、高い脅威検知とブロックが可能なCrowdStrike(クラウドストライク)のEDRを採用している。MINDは、顧客への導入支援、脅威アラートの監視と端末隔離、原因調査、報告書作成、問い合わせ対応を担当。ラックは、EDRが検知した脅威に対してセキュリティエキスパートによる調査技術や知見を提供していく。