ニュース

中国電力、防災・危機管理ベンダーのSpecteeに出資

2021/09/02 12:00

 中国電力は、AIを活用した防災・危機管理ソリューションを提供するベンチャー企業のSpectee(スペクティ)に出資した。


 スペクティが提供する「Spectee Pro」は、SNSに投稿された情報をAIで解析し、災害やリスク情報をいち早く把握して、適切な初動対応へとつなげる。自然災害、火災、事故などの緊急性の高い情報を100以上のカテゴリでリアルタイムに配信するほか、それらの情報を市区町村や商業施設、自社の設備などと組み合わせて分類・表示することで、「どこで何が起きているか」「被害状況はどの程度か」といった情報を確認することができる。

 現在、同サービスは、防災やBCP、サプライチェーンのリスク管理などを目的として、多くの自治体や企業に採用されており、中国電力も18年に導入し、災害時の情報収集手段の一つとして活用している。

 中国電力では、Spectee Proが、災害や事故などへの迅速な対応につながるサービスであり、中国地域の防災に寄与するものと考え、今回の出資を決定した。今後、同社グループでの活用に加え、中国地域の自治体や企業への紹介も進めていく。

関連記事

AIで物流が変わる

さくらインターネット、九州工業大学と産学連携で包括協定

NEC Twitterを利用した災害情報分析ソリューション 防災・危機管理担当者の迅速な情報把握を支援

外部リンク

中国電力=http://www.energia.co.jp/

Spectee=https://spectee.co.jp/

おすすめ記事