生活協同組合であるコープさっぽろは、AI技術を強みとする北大発ベンチャー企業の調和技研と共同研究・開発を推進していくことになった。


 今回の共同研究・開発は、コープさっぽろによる事業のデータを活用し、AI技術によって生産性を向上することが目的。また、コープさっぽろ職員のAIに関する知見と知識の理解と新しい側面での課題解決にも取り組んでいく。さらに北海道での、「AI企業への持続的なAI研究開発環境の提供」「大学における最先端研究との間接的産学連携」「大学出身の優秀なエンジニア確保(地元での就業を支援)」なども狙いとしている。