NHNテコラスは、アマゾンウェブサービス(AWS)の総合支援サービス「C-Chorus(シーコーラス)」で、AWS上で稼働するワークロードの状態をAWSが定める運用性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化と五つの柱からなるフレームワークに基づいて診断・監査を行うコンサルティングサービス「Well-Architectedレビュー」の提供を開始した。

「Well-Architected レビュー」サービス提供イメージ

 Well-Architectedレビューは、AWSのベストプラクティスを実践できるAWS Well-Architectedフレームワークに基づき診断・監査を実施する。AWSの公式ツールであるAWS Well-Architected Toolに加え、300項目以上の自動精査が可能なNHNグループの独自ソフトウェアを併用することで、データに基づいた高精度の評価レポートを短期間で安価に作成が可能。企業が自社の利用状況や改善点などを継続的に把握した上で、最適化に取り組むことができる。

 また、評価レポートをもとにした改善機会の特定と実践のための手法やプロセス支援をパッケージングすることで企業内でのAWS活用の内製化を支援するコンサルティングサービスとしての付加価値を実現している。

 NHNテコラスは、20年に「AWS Well-Architectedパートナープログラム」を取得。高品質なソリューションの構築、ベストプラクティスの適用、ワークロードの状態チェック、利用企業がサポートを必要とした時にAWSでの各種ベストプラクティスの高度な実践能力について認定を得ている。

 なお、12月31日までの期間限定で「Well-Architected レビュー 0円キャンペーン」を実施する。Well-Architectedレビューは、通常50万円から提供しているサービスだが、リリースを記念して無料で提供する。これによりAWSワークロードの改善や最適化を促進し、より多くの企業に対してAWSの活用を通じたクラウドジャーニーの成功を支援していく。