ニュース

多要素認証の導入でバックアップのセキュリティ強化、「Arcserve UDP 8.1」

2021/09/14 15:11

 Arcserve Japanは、統合バックアップ・リカバリソリューションの最新版「Arcserve Unified Data Protection 8.1(Arcserve UDP 8.1)」の受注を9月13日に開始した。出荷開始は9月15日。

構成例

 Arcserve UDP 8.1では、Arcserve UDPコンソールへのログインに多要素認証(MFA)を導入し、バックアップのセキュリティを強化。また、バックアップ先として新たにオブジェクトロックを有効にした「Wasabi Hotクラウドストレージ」と「Nutanix Objects」を追加し、ランサムウェア対策の選択肢が広がった。

 価格は、永久ライセンスが11万円(1年間の保守サポートを含む)、サブスクリプションが3万6960円(1年間の使用権と保守サポートを含む)。
  • 1

関連記事

「ハイブリッドクラウド」の用語解説、メリットとデメリットは?

デル・テクノロジーズ 中小企業の課題を解決する六つのパッケージ製品を提供 セキュリティ、BCP対策/災害対策、テレワークを支援

キヤノンシステムアンドサポート 中小企業向け運用支援を拡充 UTMとEDRで年内200社の獲得目指す

外部リンク

Arcserve Japan=https://www.arcserve.com/jp/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>